福山市議会議員 西本章

お知らせ・新型コロナウイルスの状況により行事予定が変更になる場合があります。お手数ですがリロードして最新情報をご覧ください。
 福山市議会の9月議会では会派(市民連合)を代表して一般質問に経ちました。新型コロナウイルスの雇用や教育への影響等を質問しました。 


2020/07/02
活動予定更新しました。
市民のみなさまが一日も早く安心した日常を取り戻せるよう頑張ります
2020/07/07  
議会報告2020年7月7日号 資料集PDFにアップしました。
2020/09/24
9月議会での活動・議員活動について更新。
2020/10/29  
議会報告2020年10月13日号 資料集PDFにアップしました。
     

 いろんな行事に参加・傍聴しました
 ※中学生の主張大会(10月10日)
 今回で39回目となる会へ昨年に続いて参加しました。市内の中学から23名が参加し日頃から考えていること・思っていることについての発表がありました。学校生活に留まらず、家庭のこと社会のことまで広範な意見発表がありました。5分の持ち時間を全て暗記しての発表者も多く、感銘を受けたものもたくさんありました。昨年もそうでしたが、発表を聞くことが目的だったのであえて、審査報告は聞かずに会場を出ました。後日報告書が出ますので、もう一度全ての発表を読み直したいと思います。
 ※講演会「ハンセン病を語り継ぐ」(10月18日)
 人権平和資料館の企画展「人間回復への歩み~ハンセン病を語り継ぐ~」の関連行事として開催された講演会に参加しました。講師は長島愛生園の学芸員、田村朋久さんでした。会場にはハンセン病の歴史や関連した事件などのパネル展示もありました。
 ハンセン病の宣告を受けた患者が隔離され、日常と切り離された中での暮らしを強いられたこと、家族と切り離されたこと、また、「らい予防法」の法律が制定された後も、隔離が続いたこと、故郷での日常がかえってこなかった事など今に通じる課題がたくさんあります。私を含めて現状・課題を知る事が必要だと改めて深く考えさせられました。
 ※広島県教育研究集会(10月24日)
 三原市であった教育研究集会に参加しました。午前の講演と午後の分科会保健教育と学校事務部会にも参加しました。講演のテーマは「『ふつうの子』なんて、どこにもいない」ー子どもを主語にして学校の『当たり前』を問い直すーで講師は元大阪府大空小学校校長の木村泰子さんでした。大空小学校の約束はたった一つ。「自分がされていやなことは、人にしない、言わない。」子どもも教職員もこの約束を守る事です。一人ひとりの子どもに担任だけが関わるのではなく、全教職員で子どもに関わって行くということです。評判を聞き、校区外から転校してくる子どももいます。「不登校」などの子どもたちもみんなと一緒に学びます。このような学校を理想とするのではなく、福山にも全国どこにでもあったら良いなと思いました。できればまた木村さんの講演を聴きたいと思っています。大空小学校の実践が記録映画になっています。福山で「みんなの学校」上映ができればと思っています。
 ※親子で学ぶ「福山市内戦争遺跡巡り」(10月24日)
 福山人権平和資料館の行事に小学校4年生の孫と一緒に参加しました。人権平和資料館や福山城周辺にある防空壕跡などの戦争遺跡を見て廻り学習しました。知らない事がたくさんあり参加して良かったと思いました。これからも継続して戦跡巡りは計画されるそうです。1人でも多くのみなさまに参加して欲しいと思いました。一緒に参加した孫の感想を紹介します。「僕が一番心に残ったものは、福山城の戦災石垣です。理由は石垣に長時間炎が当たって石垣が赤くなっているということを初めて知って、みんなに教えたくなったからです。なぜかと言うと、戦争はこんなにおそろしいんだと、みんなに知ってもらいたかったからです。社会見学で知れたことをもっとくわしく知れたのでよかったです。」
 
 ※福山市子ども議会(10月25日)
 今年度の子ども議会は新型コロナウイルス感染症防止の観点から、従来の本会議では無く、委員会形式での開催になりました。小学5年生から中学3年の13人の議員全員が、市民の健康、充実した授業のあり方、ゴミ環境問題等について質問・提言を行いました。私も12月議会で質問しようとしていた課題もあり、参考になりました。委員会の最後には、福山のよりよい未来を目指すための「子ども議会宣言」が提案されました。子ども議員の提案・提言が生かされるよう、私も取り組んで行きたいと思います。

 
 9月議会一般質問重点要望
  詳しくは10月発行予定の議会報告で行います。
 新型コロナ対策 ・市内企業倒産や従業員解雇に対して万全の備えを要望
・一人一人の市民に寄りそった相談体制の確立を要望
・長期休業による影響と児童生徒への支援について質問 
 文教経済委員会関係 ・ 熱中症への安全のとり組みを一層強めるように要望
・空調設備の特別教室への設置拡大を要望
・タブレットの貸与については家庭環境がさまざまに異ることを指てきし、全ての児童生徒に実りある事業となるように要望
後援会会委員の方が傍聴に来てくださいました。 
「西本章の一般質問を傍聴して」-ダイジェスト版です。全文は交流広場に掲載
 西本議員の質問は緊迫した75分の質疑、応答だった。いつものように、弱い立場の人たちに視点を置く“ぶれない質問”が続いた。
 コロナウイルス対策の質疑からは、本当に必要な人に補助は届いているのだろうか。そんな中で4月以降に生まれた子に対して10万円の支給という福山市の対策には、ホッとする。経済や市民の生活など市政運営に期待する。西本さん頑張って‼
 私が最も関心を持った議題は教育問題だ。「ITC教育」ってなんだ?学校に子どもの数だけタブレットが入るということ? 子どもたちは家で、タブレットに向かって学習する?現場の先生たちのご苦労が目に浮かぶ。(教育はどんな形であろうと)教職員が懸命に子どもたちの成長を見守り、人間どうしをつなごうとする「先生」としての仕事であり、誇りだ。その仕事を保障する行政であってほしい。(あるところでは)デジタル化で「人の来ない区役所」を目指しているそうだ。「子どもたちのこない学校」を目指しているのではないだろうが…。人の顔の見える行政、子どもたちと一緒に考える教育を望むことのできない世の中になっていくのは悲しい。
 5期目の活動に入った西本議員は、輝いていた。質問する姿や声は、経験と実績に裏打ちされた自信に満ちていて堂々としていた。これからも、私たちの期待を背負って活躍してほしい。
                                         ()は編集者



↑福山市議会 9月一般質問に立つ西本章
 中国新聞(9月27日)に掲載されました。
新型コロナウイルスの雇用などへの影響
【西本章氏(市民連合)】
 新型コロナによる市内企業の倒産や従業員解雇の状況は。今後の見通しはどう考えているか。
 枝広市長 福山商工会議所大手信用調査会社によると、現時点で倒産は発生していない。ハローワーク福山によると、市内の4~8月のコロナ関係の離職者は310人。すべての離職者の約6%を占める。企業倒産や従業員解雇が急激に増えている状況は見られないが、状況把握に引き続き務める。
※コロナ関連倒産や雇用へ悪影響を及ぼすことのないように質問しました。

9月27日のこと
出会えて良かった
 
 「全く授業に参加してなかったという子が、実はわかりたいという意思はあるのについていけなかっようで、今その子が一生懸命勉強する姿に感動しています。出会えて良かったですが、もっと早く出会えていたらなあと思います」こんなメールが入ってきました。
 6月、ある人から「子どもと一緒に勉強できたら」と声を掛けていただきました。まずその人の地域の中学校の組合員に相談、ちょうど関わって欲しい生徒がいるとのこと。すぐに学校へ出向き校長と話す。そして学習できる場所探しも、その日のうちに決まりました。
 いろいろな経過はあったものの、7月、学習の会は無事スタート。
 今、来春の定時制入試を目標に頑張っている生徒。それを支えてくれている伴走者。何かをきっかけに人は変われる。
 良い知らせと春が来るのを待っています。
 ありがとう。ある生徒。そしてある伴走者。

 


8月5~6日
 教育委員会会議(教科書採択委員会・来年4月から中学校で使用される教科書採択のための会議)を傍聴しました。この採択委員会は非公開でしたが、市民の人たちや、退職 教職員の要望とさまざまな活動の支えによって、周辺市町より早い時期から公開が実現できました。今年で4年目を迎えます。これまでは教育委員会後に議事録が公開され、記録を見ても発言者名は黒塗りであったものが、委員会の公開によって傍聴者には個々教育委員の発言が明確にわかるものとなっています。これからも市民や教職員の方に開かれた委員会となるように活動します。
2019年度委員会

  福山市のコロナ対策は福山市ホームページをご覧下さい。こちらから↓
  http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/ へのリンク

前回までのホーム記事は2ページ目に掲載しています。

西本章の政治信条:人がすき、平和がだいすき
人がつながり 安心して暮らせる やさしい街づくり

 大きく時代が変わろうとしている中にあっても、一番大事な事は一人ひとりの市民のより良い暮らしだと思います。人々の暮らしに根ざした政治の実現を求めて活動していきたいと思っています。
 『平和の原点は、相手の痛みの分かる心を持つ人間であること』(沼田鈴子:広島平和公園にある被曝アオギリの木の下で被爆体験を語る活動を続けられた。)この言葉を大切にして議員活動をすすめてまいりました。市民のみなさんの思いを、例え小さな声でも大切にして議会に訴え市政に生かすことを議員としてやり続けたいと思います。

福山市議会議員 西本章

後援会連絡先

〒721-0942
福山市引野町1052-2
TEL:084-926-5441
FAX:084-923-5222
メールはこちら
へんしんはできませんが西本章が必ず読ませていただきます。