福山市議会議員 西本章

お知らせ・新型コロナウイルスの状況により行事予定が変更になる場合があります。お手数ですがリロードして最新情報をご覧ください。
   明けましておめでとうございます。
 人がつながり 安心して暮らせる やさしい街づくりの実現にけて今年も全を尽くす決意です。
 12月初旬から毎日のように新型コロナウイルスの感染者が報告されています。最前線で活動されている多くのみなさまに感謝申し上げます。
 早くポストコロナが語れる日が来て欲しいものです。当面、マスクの着用・手洗い・うがい・距離確保といった、新しい生活様式を基本としつつ日常の暮らしをっけいぞくするしかありません。
 日々の暮らしの中で自分にできる事を考えながら、夢と希望を持ちつつ前に向かって進みましょう。
 


市民のみなさまが一日も早く安心した日常を取り戻せるよう頑張ります
2020/09/24
9月議会での活動・議員活動について更新。
2020/10/29  
議会報告2020年10月13日号 資料集PDFにアップしました。
2021/01/08  
新年のご挨拶
議会報告2021年1月1日号 資料集PDFにアップしました。

 12月議会
 12月議会で私は市民連合会派の「学校における少人数学級の取り組みについて」「保護者の経済格差がもたらす子どもへの教育格差」についての質問原稿を担当しました。コロナ禍もあり現在の1クラス40人学級を一日も早く実現させなければと思っています。(こうした原稿を書いてるうちに実現への前身がありました。『17日、新型コロナウイルス対策で教室の「3密」回避などのため、小学校の「少人数学級」を拡充することを決めた。』との報道がありました。教育関係者の長年の願いが実現に向けて動き出しました
 また、昨年コロナによる学校休業がこどもにもたらす影響、とりわけ家庭の経済格差が歴然とある中で、支援が必要な児童生徒にきちんと支援が届いているのかを整理しないまま、GIGAスクールによるICT教育が進と、その格差がこれまで以上に広がることを懸念しています。
 予算特別委員会討論から
・コロナ禍における日常生活の安心安全確保及び来よう・経済活動を守るための施策に万全を期すこと
・公立小中学校におけるICT機器整備については、関連の教育条件整備も図るとともに、授業に支障をきたさないよう通信容量を確保すること
を要求しました。
 12月議会を終えて
 12月議会はコロナ対策に議論が集中した議会でした。市内でのクラスターの発生、学校の休校もありましたが緊急の予算対応など可能な対応を推進しています。二度目の緊急事態宣言も発せられました。広島県は範囲に入っていませんがコロナ感染者は全国的に急増しています。引き続き市民生活の安全安心を守る取り組みを継続していきます。

核兵器禁止条約発効
ついに1月22日発効することとなりました。日本は被爆者をはじめとした多くの国民の声を聞くことなく批准していません。日本も世界から一刻も早く核兵器をなくしていくために行動することを求めていきたいと思います。

  福山市のコロナ対策は福山市ホームページをご覧下さい。こちらから↓
  http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/ へのリンク

前回までのホーム記事は2ページ目に掲載しています。

西本章の政治信条:人がすき、平和がだいすき
人がつながり 安心して暮らせる やさしい街づくり

 大きく時代が変わろうとしている中にあっても、一番大事な事は一人ひとりの市民のより良い暮らしだと思います。人々の暮らしに根ざした政治の実現を求めて活動していきたいと思っています。
 『平和の原点は、相手の痛みの分かる心を持つ人間であること』(沼田鈴子:広島平和公園にある被曝アオギリの木の下で被爆体験を語る活動を続けられた。)この言葉を大切にして議員活動をすすめてまいりました。市民のみなさんの思いを、例え小さな声でも大切にして議会に訴え市政に生かすことを議員としてやり続けたいと思います。

福山市議会議員 西本章

後援会連絡先

〒721-0942
福山市引野町1052-2
TEL:084-926-5441
FAX:084-923-5222
メールはこちら
へんしんはできませんが西本章が必ず読ませていただきます。